【プレスリリース情報】DJI、あらゆるレベルのユーザーを対象にした先進的な教育用ロボット「ROBOMASTER S1」を発表

DJI JAPAN株式会社から、初の地上走行ロボット「ROBOMASTER S1」が発表されました。

パワフルなブラシレスモーター、全方向への可動性能を誇るシャーシ、高精度ジンバル、プログラミング、ゲームプレイや対戦といった双方向の通信モードで、楽しみながらロボット工学技術の可能性を学べるよう設計されています。

ハードウェアの組み立てや地上走行ロボットの操作、PythonやScratch上でのプログラミング、複数対戦モードによる仲間との競争といった様々な体験をもとに、技術教育分野向けの製品として、ロボット工学とプログラミングが学習できます。

RoboMaster S1のS1は「Step 1」の略で、AI/エンジニアリング/ロボット工学に初めて触れる人でも簡単に操作できるよう設計された地上走行ロボットです。

初心者でも使いやすいように、シンプルな操作性、専用のRoboMasterアプリ、分かりやすい操作メニュー、豊富なチュートリアルが用意されています。

AIやエンジニアリング、ロボット工学の経験を積んだユーザーも楽しめる高度な機能を備えています。

RoboMaster S1の小売価格は、64,800円(税込)、発売開始日は2019年6月12日です。

専用コントローラー、予備のゲル弾、バッテリーとゲル弾マガジンといった追加アクセサリーが同梱される「Playmoreキット」は今後販売開始予定です。

RoboMaster S1は、DJI公式オンラインストア、DJI 認定ストア、DJI正規販売代理店および特約販売店にて販売を開始します。

タイトルとURLをコピーしました