ドローンアクセサリ

製品情報

Mavic Air コントロールスティック|DJI製品

Mavic Air コントロール スティックは脱着可能な設計です。使用時には送信機に回転させて取り付けます。また使用しないときには、モバイル端末クランプが開いた状態で、専用の溝に挿入して保管できます。
製品情報

Mavic Air バッテリー充電ハブ|DJI製品

Mavic Air バッテリー充電ハブは、Mavic Air インテリジェント フライトバッテリーを充電するために設計されました。Mavic Air 電源アダプターと一緒に使用すると、4個のインテリジェント フライトバッテリーをバッテリー残量にあわせてバッテリー残量の高いものから低いものへと順次充電します。
製品情報

Mavic Air カーチャージャー|DJI製品

Mavic Air カーチャージャーは、インテリジェント フライトバッテリーを車の12 V アクセサリーソケットから充電するために使用します。車を始動させるのに十分なバッテリー電圧を確保するため、低電圧保護機能を備えています。アクセサリーソケットが一定の温度を超過した場合、過熱保護機能が自動で充電を停止します。
製品本体

DJI Goggles|DJI製品

臨場感あふれる FPV、1920×1080のペアHDスクリーン、ヘッドトラッキング機能を搭載。空から今までにない世界を見ることができます。
製品情報

N3-AG|DJI製品

N3は、航空機モデル愛好家とさまざまな産業用途のためにカスタマイズされた、DJI NAZAシリーズの最新版です。N3の堅牢なフライトコントロール・アルゴリズムが、多種多様な産業用ドローンと自作(DIY)ドローンの機体にプロフェッショナルレベルの安定性を提供します。農業用にカスタマイズされた製品です。
製品情報

Tello スナップ装着式本体カバー(ホワイト)|Ryze Technology製品

Tello 用に特別設計されたカラフルなカバーです。
製品情報

Tello スナップ装着式本体カバー(青)|Ryze Technology製品

Tello 用に特別設計されたカラフルなカバーです。
製品情報

Tello スナップ装着式本体カバー(イエロー)|Ryze Technology製品

Tello 用に特別設計されたカラフルなカバーです。
製品情報

Tello プロペラガード|Ryze Technology製品

Tello のプロペラ用に特別設計されたプロペラガードで、破損や怪我のリスクを低減します。
製品情報

Tello クイックリリースプロペラ|Ryze Technology製品

Tello 用に特別設計された軽量で丈夫なプロペラです。
製品情報

DJI バッテリーステーション – add on|DJI製品

DJIは、プロの撮影クルーのタスクの効率性を高めるため、インテリジェントバッテリーTB50向けに新しいバッテリーステーションを特別に設計しました。DJI バッテリーステーションは、バッテリーをより効率的に管理できるオールインワンソリューションです。どのような撮影現場においても、バッテリーの充電/保管 /輸送のすべてを、このバッテリーステーション1台で管理できます。
製品情報

CrystalSky Ultra(7.85inch)|DJI製品

屋外での空撮用に設計されたCrystalSkyのモニターには、超高輝度ディスプレイを採用し、直射日光の当たる場所でも画面をはっきりと確認できます。DJI GOアプリ/DJI GO 4アプリとシームレスに連携する新しい設計で、カメラオペレーターに全ての操作を提供します。
製品情報

CrystalSky(7.85inch)|DJI製品

屋外での空撮用に設計されたCrystalSkyのモニターには、超高輝度ディスプレイを採用し、直射日光の当たる場所でも画面をはっきりと確認できます。DJI GOアプリ/DJI GO 4アプリとシームレスに連携する新しい設計で、カメラオペレーターに全ての操作を提供します。
製品情報

Goggles Part22 Corrective Lenses+4.5D|DJI製品

DJI Goggles補正レンズは、DJI Gogglesのレンズフレームに直接取り付けられ、遠視を補正して、表示コンテンツをはっきりと確認できます。推奨ジオプター値(度数)は、既定値の+1.0D以上になります。例えば、ジオプター値が+2.0Dの場合、+3.0D Goggles補正レンズを選択してください。
製品情報

Goggles Part21 Corrective Lenses+4.0D|DJI製品

DJI Goggles補正レンズは、DJI Gogglesのレンズフレームに直接取り付けられ、遠視を補正して、表示コンテンツをはっきりと確認できます。推奨ジオプター値(度数)は、既定値の+1.0D以上になります。例えば、ジオプター値が+2.0Dの場合、+3.0D Goggles補正レンズを選択してください。
タイトルとURLをコピーしました