【ニュース】国産ドローンメーカーのイームズロボティクス、「リモートID送信機」「リモートID受信機」を発売

イームズロボティクス株式会社は、2022年6月20日から施行されるリモートID制度に完全準拠した国産品の「リモートID送信機」「リモートID受信機」を発売しています。

軽量・防水・防塵に加え、最大1500mの送信距離を有する「全てのプロドローンユーザー」のための送信機で、警察・警備会社向けにリモートID専用の受信機も開発・販売を行っています。

2022年6月20日から、新たに航空法で定められたドローンの機体登録制度では、有人地帯における補助者なし目視外飛行(レベル4)に関わる法整備の一環として、100g以上の全ての無人航空機に対して登録記号(ID情報)を発信する仕組み「リモートID」の搭載が義務付けられます。

通信はBluetooth5.0を使用し、最長1,500m先にも電波を飛ばすことができるのが大きな特徴です。(見通しの良い環境での実施/弊社試験による)

防水・防塵性能に優れており、農薬散布ドローンなどの屋外で飛行させるドローンやラジコンヘリなどの搭載にも最適です。

他にも、落下や振動をはじめとした車載性能レベルの試験を行っており、信頼性の高いプロフェッショナルな製品です。

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました