【ニュース】高知県四万十町における孤立集落支援システムを実現するドローン実証実験が実施

KDDI株式会社とパーソルプロセス&テクノロジー株式会社が国立研究開発法人であるNEDOから、2021年4月に株式会社A.L.I. Technologiesが受託した事業「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/地域特性・拡張性を考慮した運航管理システムの実証事業」に係る公募に採択され、高知県四万十町と共同で、地域性から年間を通じてドローンの活用可能性が高いと思われるユースケース例の実証実験を実施し、物流・防災・調査・測量すべてのドローン活用実証実験が行われました。

高知県四万十町は、中山間地域が多い上に高齢化に伴う免許返納が進んでいることを背景に、災害対策並びに安定的に物資を中山間地域へと届ける事が可能なドローン配送システムなどの生活インフラの強化が求められています。

本地域実証では、継続的な運航管理システムの活用における安全面、コスト構造、オペレーションフロー、地元の方々の受け止め方など、ドローンが社会実装される上での様々な要素および課題を検証しています。

A.L.I.独自のUAV管制システムを活用

独自のドローン管制システム「C.O.S.M.O.S.(コスモス)」と、運航管理統合機能(FIMS)※3を連携させる事で空間と飛行の緻密な一元管理が可能となり、公民館などをドローン配送の拠点とし該当箇所から定時運行用及び有事の際の航路設定をすることで、自治体が主体となって空で起きているアクティビティを把握することができ、安心で安全且つ安定的なドローン物流システムを地域の中で運用することができます。

物流ユースケースによるドローン実証実験

高齢化に伴い免許を返納した交通弱者が多く発生している山間部において、生活物資のドローン輸送を行っています。

防災ユースケースによるドローン実証実験

四万十町で災害時の津波被害が想定されている興津地区と東又地区には県道52号線のみが山間部を繋げており、震災時に土砂崩れが発生し興津地区が陸の孤島となる可能性が高いと言われています。有事の際の避難場所となっている四万十町B&G海洋センターを災害支援物資運搬の出発点として、山を超えて興津ヘリポートへ災害支援物資のドローン運搬を実施しています。

測量ユースケースによるドローン実証実験

四万十町立七里小学校の裏手に広がる森林約5haを対象に、GPS情報をもつ写真撮影が可能な一眼レフカメラを搭載したドローンを航行させ森林の測量を実施しています。

測量にドローンを活用することで県のインフラ点検計画をより効果が高いものとし、土砂崩れのリスクから住民の安全を守るために必要な現状把握のためのデータ利用、コスト削減、時間短縮等においてドローン活用の有効性を証明しています。

調査ユースケースによるドローン実証実験

大正中津川集落民の生活道路である成川橋は老朽化が進んでいるため、大規模な修繕設計の対象になっており拡幅工事が予定されています。今回の実証実験において、工事区域内の成川橋の半径100mの範囲においてドローンを活用した上空からの事前調査を実施しています。

企業サイト

タイトルとURLをコピーしました