【プレスリリース情報】 これまでにない直感的かつ没入感あふれる飛行体験を実現するフルセット版FPVドローン「DJI FPV」を発表

DJIは、2021年3月3日に「DJI FPV」を発表しています。

レース用FPVドローンの高速飛行性能、従来型ドローンのシネマティックな映像撮影を実現するカメラ性能、DJIの一般向けドローンが持つ安全機能と伝送技術の全てを兼ね備えています。

オプションとして、片手の動きだけでドローンを制御できる画期的なモーションコントローラーにも対応しています。

DJI FPVは、他社製のFPVドローンとは違い、開梱後の組み立ては必要なく、すぐに使用ができ、FPVドローンと従来型カメラドローンの最高レベルの技術を持ち併せています。

レース用ドローンのように飛行でき、従来型ドローンのようにホバリングでき、さらにカスタム仕様のドローンのように加速、他のドローンよりも素早く停止します。

DJI FPVは、初心者には取り扱いの難しかったFPVドローンのハードルを下げ、また、最初からシステムが構築されているので、何時間もかけシステムをゼロから組み立てる必要もありません。

DJI FPVには、ドローン、ゴーグル、専用送信機に加え、オプションとして、手の動きに基づきドローンを直感的に操作できる全く新しいモーションコントローラーが含まれます。

ドローンには高速飛行を可能にする高性能モーターを搭載。また、直感的に使えるUIと最新の安全機能により、優れた操作感を実現しています。

FPVシステムは、DJI独自のO3伝送技術(旧名OcuSync伝送技術の3世代目)により、低遅延かつ高解像度でドローン映像を伝送します。他に類を見ない高い信頼性と優れた伝送技術に加え、RockSteady 電子式映像ブレ補正技術により、非常に滑らかで安定した4K動画を60 fpsで撮影ができます。

主な機能

どんなスキルレベルでも楽しめる飛行体験

1)ノーマル (N)モード:
Nモード中、DJI FPVは、GPSやドローン底部のビジョンポジショニング システム (VPS)を使用してその場でホバリングするなど、他のDJIドローンと同様の動作をします。最も使いやすいモードで、フロント部にある障害物検知センサーで近くにある障害物を検知すると、機体は減速します。ただし、パイロットは検知された障害物をドローンが回避するよう操作する必要があります。

2)マニュアル (M)モード:
経験豊富なユーザー向けに設計されたMモードでは、自由度の高い操作が可能です。Mモード中は、全てのセンサーとホバリング機能が無効になります。

3)スポーツ (S)モード:
ハイブリッドモードであるSモードは、Mモードのダイナミックな動作性とNモードの主要な安全機能という両方のモードの特性を併せ持ちます。Sモードは3種類のモードの中で中間に位置し、FPV飛行に慣れてきたパイロットが、自分のスキルをより探求できるように設計されたモードです。

臨場感あふれる飛行シミュレーション体験

1)高品質モード:
142°のFOVで60 fps、または150°FOVで50 fpsの1440×810p動画を表示します。このモードでは、遅延は40 ms以下です。

2)低遅延モード:
高フレームレートのシネマティックな映像を楽しみつつ、遅延時間は28 ms以下です。142°FOVで120 fps、または150°FOVで100 fpsの1440×810 pの動画を表示します。

3)オーディエンスモード:
パイロットの見ている映像を、最大8台まで接続しているゴーグルと共有できるため、周囲のオーディエンスも一緒にスリリングな飛行を体験できます。

優れた飛行性能と、息を呑むほど美しい撮影映像

飛行性能に優れているだけではなく、今すぐ共有したくなるような映画のようなダイナミックな映像を撮影ができます。

120 Mbpsでの4K/60 fps動画撮影に対応しているカメラが1軸ジンバルに搭載されているため、複雑な動きをしているときでも安定性を維持しつつ、垂直にカメラを回転させ、ユニークな角度で撮影もできます。

RockSteady 映像ブレ補正により滑らかな映像を撮影し、動きの速いシーンを撮影するときでも歪みを低減します。高度な歪み補正ソフトウェアによりFPV映像でありがちな歪みを補正し、魚眼レンズ撮影のような外観になるのを防ぎます。

パイロットは1080p/120 fpsの4倍スローモーション動画を撮影することができるため、印象的な瞬間を細部まで鮮明に再現でき、さらに、撮影した映像はH.265またはH.264フォーマットで保存できるため、メモリーカードの容量を節約できると同時に、圧縮しても高画質のまま保存ができます。

価格と販売時期 

DJI FPVは、DJI公式オンラインストアstore.dji.comやDJI認定ストア、DJI正規販売代理店等、およびAmazonにて2021年3月3日より販売中です。

FPVドローン、送信機 2、FPV Goggles V2、ケーブル全てとバッテリー1個が含まれるDJI FPV コンボが154,000円(税込)です。

追加のインテリジェントフライトバッテリーと専用の充電ハブが同梱されたDJI FPV Fly Moreキットは33,000円(税込)で販売します。

オプションのモーションコントローラーは別売で、17,600円(税込)です。

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました