【ニュース】ソニーのデザイン部門が「ONE DAY, 2022/2050 Sci-Fi Prototyping」展を2021年12月18日(土)より開催

ソニーグループ株式会社のデザイン部門であるクリエイティブセンターは、今年で60周年を迎え、これを記念し、KYOTO STEAM-世界文化交流祭-の一環として『ONE DAY, 2022/2050 Sci-Fi Prototyping』展を2021年12月18日(土)より開催予定です。

ソニーの最先端技術を詰め込んだAI x Roboticsカテゴリーを中心とした、デザイナーとエンジニアが創る「2022年のリアル」と、デザイナーとSF作家がコラボレーションし、Sci-Fiプロトタイピングの手法を用いて描き出したその先の「2050年のありうる未来」。いつかどこかで交差するかもしれない二つの世界のデザインクリエーションをご体感ください。

Airpeakの展示も行われており、ソニーのイメージングとセンシング、AI x Roboticsの技術を結集し、映像制作クリエイターに向けて開発されたドローンで、フルサイズミラーレス一眼カメラα™を搭載しながら、独自開発の推進システムにより空中での安定した姿勢制御や、機敏な飛行でダイナミックな映像制作を可能にしています。

『ONE DAY, 2022/2050 Sci-Fi Prototyping』展概要

■日時:2021年12月18日(土)〜2022年1月9日(日)10〜18時
※2021年12月27日〜2022年1月1日は休展

■場所:ロームシアター京都 ノースホール

■申込不要:無料

特設ウェブサイト

タイトルとURLをコピーしました