【ニュース】第7回 Japan Drone 2022が、2022年6月21日より開催予定

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が、ドローンの利活用による安心・安全な街づくり、社会基盤整備のイノベーションを目指し、ドローンの社会実装によるスマートシティ実現に向けた新たな課題解決を支援をする「Japan Drone2022|第7回 -Expo for Commercial UAS Market -」を2022年6月21日(火)より開催予定です。

2016年の初開催以来、今回で第6回目を迎える本イベントは、ドローン産業界の着実な成長とともにそのスケールを拡大してきました。

日本で初めての本格的な民生用・商業用のドローン市場に向けたイベントであり、日本のドローン技術を広く世界に発信すると同時に、スタートアップ企業の多いドローン関連産業の皆様に実践的な商談の場となっています。

開催概要

名称Japan Drone2022|第7回
-Expo for Commercial UAS Market -
会期2022年6月21日(火)~23日(木)
会場幕張メッセ
主催一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
共催株式会社コングレ
出展者数250社・団体(予定)
来場者数18,000名(予定)
後援経済産業省、国土交通省、農林水産省、復興庁、内閣府地方創生推進事務局、千葉県、千葉市、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、国立研究開発法人産業技術総合研究所(AIST)、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、一般社団法人強化プラスチック協会、一般社団法人新経済連盟、一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)
※2021年実績、順不同・申請中含む
協賛一般社団法人日本産業用無人航空機工業会(JUAV)、一般社団法人セキュアドローン協議会、日本ラジコン模型工業会(JRM)、一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)、一般財団法人総合研究奨励会 日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)、学校法人日本航空学園、一般社団法人日本建築ドローン協会(JADA)、一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)、一般社団法人全国自動車学校ドローンコンソーシアム、一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD)、日本ドローン振興協会、一般社団法人ドローンサービス推進協議会(DSPA)、一般社団法人日本航空宇宙工業会(SJAC)、一般社団法人日本水中ドローン協会、一般社団法人運輸デジタルビジネス協議会(TDBC)、一般社団法人航空イノベーション推進協議会(AIDA)
※2021年実績、順不同・申請中含む
入場料¥2,000(ただし事前登録者、招待状持参者は無料)

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました