【ニュース】オリンピック 東京2020 開会式で使用されたドローンは、1824台のIntel製「Shooting Star」

2021年7月23日より開催されている「2020年東京オリンピック競技大会」で1824台のドローンを使用して、華麗な光のショーを演出していました。

使われたドローンは1824台のIntel製「Shooting Star Premium Drone」ドローンで、2018年の平昌五輪で使用されたドローンの1218台を上回る台数を使用しています。

この演出は、専用のソフトウェアを使用しており、ドローンの制御自体は、1人のパイロットだけで行っているそうです。

オリンピックだけでなく、世界の様々なイベントで、ドローンを利用した光のショーが行われています。詳しくは、インテルの紹介サイトに掲載がされています。

2インテルが演出するドローンによる光のショー 紹介サイト

2020年東京オリンピック競技大会 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました