【ニュース】日本どこでもリモート操縦が可能となるLTE対応国産ドローン

株式会社ACSLは、LTEを介してテレメトリおよびFPV(First Person View:ドローン視点)映像を伝送することで、現地に行かなくてもリモートでドローンを操縦することができ、補助者なし目視外飛行(Level3)が可能なLTE対応国産ドローン「PF2-LTE」を2022年春より提供を予定しています。

山を越える必要のあるドローン配送や、プラント内の遠隔でのドローンによる点検画像の撮影等、LTEを介してテレメトリおよびFPV映像を伝送できるドローンによる実証実験を数多く実施し、配送やプラント内等のインフラ点検の現場でドローンを導入していただきやすくした機体となっています。

PF2-LTEの特長

■LTEを用いることで、ドローンと地上局(GCS)間の直接通信が不要となりインターネットを介したドローンの操縦が可能となるため、山間地やプラント内の遠隔地等での補助者なし目視外飛行(Level3)が可能

■リモートでの運用が可能なため、操縦者は現地に居なくても運行可能

■複数のキャリアのLTE上空利用が可能なデバイスに対応しており、電波環境などに合わせて選択可能

■LTEを用いることで混線が発生しないため、複数台のドローンを同時に飛行可能

通信キャリア

■株式会社NTTドコモ LTE上空利用プラン
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/lte-joukuriyou-plan/

■KDDI株式会社 スマートドローンツールズ
https://smartdrone.kddi.com/tools/

株式会社ACSLについて

タイトルとURLをコピーしました