DJI製品

製品情報

RoboMaster S1 ビジョンマーカー|DJI製品

数字および記号からなるビジョンマーカーのセットは、対戦/プログラミング/学習に対して、様々な可能性を示します。ビジョンマーカーは耐久性のある紙製で、防水マットフィルムで保護されています。
製品情報

【終息商品】RoboMaster S1 充電器|DJI製品

RoboMaster S1充電器は、RoboMaster S1インテリジェントバッテリーを約90分で完全に充電します。
製品情報

RoboMaster S1 AC 電源ケーブル|DJI製品

RoboMaster S1 AC電源ケーブルをRoboMaster S1充電器と併用し、充電器と電源を接続してバッテリーを充電できます。
製品情報

RoboMaster S1 ゲームパッド|DJI製品

RoboMaster S1用に特別設計されたゲームパッドは、モバイル端末のDJI RoboMasterアプリと接続して、RoboMaster S1を高度に制御できます。ゲームパッドには、起動/カスタムスキル/ランダムスキル/過熱保護の4つの物理ボタンがあります。さらに、外付けのマウスとキーボードに対応し、操作の可能性を拡張します。
製品情報

RoboMaster S1 ゲル弾マガジン|DJI製品

ゲル弾マガジンには、約430個のゲル弾を収容できます。上部のシェルは半透明で、内部のゲル弾をはっきりと確認することができます。ゲル弾が装填した後に水を排出できるように、ゲル弾マガジンの端には2つの排水口があります。装填カバーキャップとスライドプレートは、セルフロック構造となっているので、ゲル弾を効率よく装填できます。ゲル弾マガジンを装着後、スライドプレートは自動的にロックを解除し、ブラスター内にゲル弾を装填します。
製品情報

RoboMaster S1 インテリジェントバッテリー|DJI製品

S1用に特別設計された3S 4.2Vバッテリーは、定格容量最大25.92Whの高エネルギー密度のリチウムイオン バッテリーセルを採用し、最大動作時間は35分*となります。 また、S1の最大待機時間は約100分です。内蔵のDJI バッテリー管理システムは、バッテリー容量とセルの状態をスマートに監視し、安定した電力出力を提供します。過充電/過放電保護、アイドル状態保護、低温保護などに対応しています。* 2.0m/sの一定速度で滑らかな面上で動作した際の測定値です。
製品情報

Osmo Pocket 曇り止めインサート|DJI製品

Osmo Pocket 防水ケースと併用すれば、曇り止めインサートは防水ケースの湿気を効果的に削減し、ケースの曇りを防ぎます。
製品情報

RoboMaster S1 安全ゴーグル|DJI製品

RoboMaster 安全ゴーグルは、クリアな視界を保ったまま、発射されたゲル弾から目を保護します。
製品情報

Osmo Pocket 防水ケース|DJI製品

防水ケースを使用すると、最大水深60mまで使用可能。ケースの内部にOsmo Pocketがぴったりと収まり、誤動作を防止します。防水ケースにはマウントブラケットが2個あるので、ケースを別の器具などに取り付けることもできます。また、外側には2つのボタンがあり、Osmo Pocketを正確に操作することができます。曇り止めレンズが効果的にケースを曇りから守ります。
製品本体

【終息商品】Osmo Action|DJI製品

Osmo Actionは、4K/60fpsの100Mbps動画、デュアルスクリーン、EISなどを搭載する防水アクションカメラです。このアクションカメラには、高度な技術が満載で、その瞬間の力強く捉えます。
製品情報

Ronin-S 切替グリップ デュアルハンドル|DJI製品

クイックリリース式で、ハンドル位置の調整が可能なので、ローアングルでの撮影に最適です。
製品情報

【終息商品】Ronin-M チューニングスタンド(伸張タイプ)|DJI製品

Ronin-Mを所定の場所に保持するために使います。また、Ronin-Mの輸送時には荷台としても使えます。最大495mmの高さまで伸張可能です。
製品情報

【終息商品】Ronin-M チューニングスタンド|DJI製品

Ronin-Mを所定の場所に保持するために使います。また、Ronin-Mの輸送時には荷台としても使えます。
製品情報

RoboMaster S1 ゲル弾|DJI製品

ゲル弾のサイズは、S1ブラスターにフィット。発射されたゲル弾を設定した色の光で照射し、軌道効果を追加可能。
製品情報

Osmo Action USB-C カバー|DJI製品

USB-CポートとmicroSDカードスロットをシームレスに保護し、水や埃から守ります。USB-Cカバーを外してUSB-Cケーブルを接続したり、microSDカードを挿入したりできます。
タイトルとURLをコピーしました