【プレスリリース情報】バックパックで持ち運べる携帯性に、かつてないほどのパワーを兼ね備えた業務用ドローンMatrice 30シリーズを、DJIが発表

DJIは、業務用ドローンMatrice 30シリーズを発表しています。

DJI Matrice 30シリーズは、バックパックに収まるコンパクトサイズの、DJI Enterpriseフラッグシップドローンです。

1つのカメラペイロードに高性能センサーを複数搭載し、制御には独自設計された送信機とアップグレードしたアプリDJI Pilot 2を使用し、飛行体験を一新します。

DJI Matrice 30シリーズは、パワー、耐久性、性能が大幅にアップしているため、過酷な環境でも任務を遂行できます。また、コンパクト設計により、持ち運びやセットアップが簡単です。

パイロットが実際に送信機でドローンを操作する飛行オペレーション以外にも、新しくなったドローンフリート管理用クラウドベース ソフトウェアDJI FlightHub 2とドローンドックDJI Dockと連携することで、遠隔かつ自動での飛行オペレーションを実行できます。

DJI Matrice 30シリーズには、M30とM30Tの2種類のバージョンがあります。M30モデルは、5〜16倍光学ズームと200倍デジタルズームに対応した48MP 1/2インチCMOSセンサーのズームカメラ、8K写真や4K/30fps動画撮影に対応した12MP広角カメラ、最大1,200 m 先の対象物でも高精度に座標を提示できるレーザー距離計を搭載しています。

DJI Matrice 30Tモデルでは、M30モデルのカメラとレーザー距離計に加え、640×512ピクセルの放射分析サーマルカメラが搭載されています。

主な特長

  • 低照度環境用に最適化されたFPVカメラ
  • 内蔵された冗長システムとバックアップシステム
  • 3つのプロペラしかない状態での緊急着陸機能
  • 状態管理システム (HMS)
  • 6方向障害物回避センサー
  • 4つのアンテナを使用したOcuSync 3 Enterprise伝送システム

価格と販売時期 

  • Matrice 30シリーズ推奨基本製品構成:Matrice 30シリーズ (送信機、バッテリーステーション付き)+ DJI Enterprise Sheild(一年間)​
  • Matrice 30シリーズ機体本体参考価格:約90万円〜(バッテリーは含まれません)

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました